ACADEMY

教育事業

教育風景
未経験からでも
現場で活躍できる。
成長できる仕組み。
ITエンジニア育成スクール

自社の教育部門から始まった教育事業は、延べ1,000人以上の未経験者の教育に携わり、
教育の本質を考え、”自分から”行動できるITエンジニアを育てることをミッションとして、
ITスキル研修だけではなく、ヒューマンスキルにも力を入れている研修機関です。

ITエンジニア育成スクール

ラックサイバーリンクの教育事業とは

ラックサイバーリンクの教育事業では、受講生が能動的に考え・行動することを目標に、研修カリキュラムを構築しています。
今の時代、ITエンジニアに必要なITスキルは、インターネットで調べればすぐにわかる時代です。そんな状況の中、ITスキルだけを学んでいても差別化にはなりません。弊社の教育事業では、ITスキルだけを学ぶのではなく、どうすれば目の前の問題を解決できるのかを、毎日のヒューマンスキルを通して、自己解決能力を高める研修となっています。

研修の3つの特徴

POINT01 アウトプット型研修「IBAメソッド」で、本物の自ら学ぶ姿勢を身につけます
POINT2 JavaからPython等の最新言語まで、幅広いカリキュラムを揃えています
POINT3 CCNA、Java Silver、Pythonといった資格もしっかり取得できます

ヒューマンスキルの取り組み

弊社では、技術だけではなく、社会人としての「あり方」と「やり方」も大切だと考えております。
それは、どんな環境でも「自分から」行動できる、変化できる人材こそが戦力になると考えているからです。
その考えを基に、3カ月間以下の内容を取り組んでまいります。
ローテーション

3カ月間、毎週このローテーションで行います。

一般的な研修では、マナー研修なので覚えた社会人としてのマインドも1週間程度で忘れてしまいます。
人の習慣化は平均66日(約3カ月)と言われています。弊社では、「自分から」行動できる社員様にすることを考え、3カ月間実施します。

管理者様の声

Q.ヒューマンスキル研修の効果はありましたか?

効果があった・多少効果があった93.8%

受講者様の声

他社・上司の視点
人のせいにしない考え方
「報・連・相」
とても納得した
納得した
理解はしたが意見はちがう

「他社・上司の視点」

「よくある仕事のすれ違い」の回で、会社の成長のために売上を上げようと考える人もいれば、品質を上げようと考える人もいて、目的は同じでも手段の考え方が違うことを考える回が印象的です。自分の意見は持ちつつ、意見の相違があるときは客観的な見方で相手の意見も受け入れていく姿勢が大事だと感じました。

「人のせいにしない考え方」

成長するには自責思考が必要という点に共感しました。手の届く範囲に問題があると思うことで、自分自身を改善することを考えるようになると思います。他人や環境に原因を求める人は、考えることをやめていつまでも前には進めない人間になってしまうので、まず自分に原因を求められる人間になっていきたいです。

「報・連・相」

社会人として何かあったときに上司に連絡を取ることは当たり前だと思いますが、連絡内容や頻度など細かなところまで報告、連絡、相談することは意識していなかったため参考になった。新人のうちは分からないことだらけなのでその都度相談や報告が大事だと感じた。

資格取得率

研修後 資格取得率

マネタイズを最優先で、資格取得にこだわっています。

プログラミングコース

プログラミングコース+マインド研修 3ヶ月
Javaをメインにフロント技術、データベースの総合的な知識を付けるコースです。毎朝30分のマインド研修も実施します。

プログラミングコース
【強みと・特徴】
プログラムを綺麗にかける社員にするのではなく、100通りのデバッグ(40時間)を実践させ、問題解決能力を育てます。プログラムの書き方は、インターネットで検索すれば、解決できる時代でだからこそデバッグを解決できる能力が必要と考えています。

NW SV 総合コース

NW SV総合コース+マインド研修 3ヶ月
CCNAとLPIC101の取得を目指し、インフラの総合的な知識をつけるコースです。毎朝30分のマインド研修も実施します。

NW SV 総合コース
【強みと・特徴】
CCNA取得率100%、LPIC101取得率100%の実績のあるカリキュラムになります。未経験から現場に出向できるスキルシートを作成できます。また資格知識だけではなく、模擬NW環境(社内インフラなど)構築を10パターン実践し、IPアドレッシング、ルーティング、セキュリティー(ACL)を自分ですべて考えられる人材にします。

お問い合わせ

その他教育事業に関するお問合せは、以下の連絡先からご連絡ください。

担当 / 田邊  お問い合せ時期 / 9:00~18:00  定休日 / 土日祝日
TEL:03-6757-7950 FAX:03-6757-7951 Mail:aa_inst@asianlink.co.jp